教習所は辛い?メンタルをやられてしまうわけ

運転免許を取るため、殆どの人は教習所を利用して取得を目指しますよね。楽しく教習所通いができたという人も多いのですが、一方ではメンタルをやられてしまったという人もいるようです。これから通う計画を持つ人からすれば、辛い場所なのかと心配になってしまうものですが、どのような部分に大変さを感じた人が多いのでしょう。

覚えることが沢山ある

メンタルをやられた理由に、学科での勉強が関係しているようです。学科では交通ルールや交通法、標識の持つ意味などを学ぶわけですが、分からないことが沢山あり過ぎて困ったという人は少なくありません。運転をしない時には全く意識しなかったことを新たに覚えなければいけませんし、中にはややこしい交通法や標識なども登場してきます。

ドライバーとして実際に運転をするようになれば、どうということもない問題なこともあるものの、ゼロの状態から頭に叩き込むとなると辛く感じるところでしょう。

運転が思ったより難しい

技能の面でもメンタルにくるものが色々とあります。ひとつは、意外と運転は難しいことに気付くこと。免許がなくとも、人が運転する車に乗ったことがある人は多いはずですが、運転をしている様子を見ると、とても簡単にできそうに見えてしまいますよね。

まるでゴーカートのようなイメージで考えている人もいるかと思われますが、いざ自分で運転をやってみると、思うようにいかないことが沢山あるものです。アクセルやブレーキの感覚はもちろんのこと、ハンドル操作ひとつ取っても戸惑ってしまう人もいます。

そんな戸惑いの中、速度や停止線、標識などを意識しながら走らなければいけませんので、処理すべき情報が多過ぎてパニックになりがち。思うように運転ができない自分に気付くと共に、車を運転することの怖さまでを感じたという人が多いです。

車幅の感覚が掴めない

車を運転するに当たって、確実に感覚を養っておきたいのが車幅です。自車のサイズ感を踏まえた運転をしないと、障害物などに衝突する危険がありますので、全てのドライバーは感覚を持って車を扱えるようにしなければいけません。

しかしながら、慣れない内は車幅を上手く掴むことができないもの。そもそも運転席は真ん中にあるわけではなく、右側に配置されています。どうしても左側が遠くに感じてしまい、走行をする際にもおかしな位置になってしまいがちです。

その挙句、ポールにぶつかったり脱輪をしたりすることで、すっかり自信を失ってしまうのも無理はありません。

S字カーブやクランクで失敗

練習のコースには、S字カーブやクランクが必ず用意されています。実際の路上でも、複雑なシチュエーションを走るためのスキルを求められることもありますので、ドライバーはしっかりと技術を身につけておく必要があるのです。

ただ、これらの箇所はメンタルをやられやすい傾向があります。運転に不慣れな場合、タイヤの位置をしっかりと把握することができず、脱輪をしてしまうケースが非常に多いです。何度も繰り返し練習を行いますので、しばらく後にスムーズにできる人がいる一方、なかなか習得できずに躓いてしまう人もいます。

他の人ができる中、自分だけ上手くいかないと、運転をする資格がないのではと気持ちが負けてしまいやすいです。

坂道発進が上手くいかない

難関に考えられがちな箇所と言えば、坂道もそのひとつでしょう。特にマニュアルの場合ですと難しく感じやすいです。クラッチ操作を上手く行わないと、後ろに下がってしまったり、エンストを起こしてしまったりします。

エンジンを再始動することに気を取られてしまうと、ブレーキを忘れてずるずると下がり危険です。何度も挑戦をするものの、クラッチの微妙な感覚を上手く掴めず、なかなか成功できないという人も少なくないです。

バックでの駐車の怖さ

通常の運転練習に加えて、駐車もできるように練習をしなければいけません。その際、バックでの車庫入れを指示されるわけですが、初心者にとってバックはハードルが高い課題です。ハンドルをどっちに切ったら良いのか分からない、後ろが見えずどうしようなど、このような不安を抱いてしまいがちです。

しかも教習所によっては、バック駐車をするスペースが、初心者からすればだいぶ狭く感じる状況のこともあります。下手にハンドルを切るとポールに簡単にぶつかってしまいますし、その上、前後の感覚が掴みにくいセダンでの練習ですと、動けるスペースがより一層少なく感じて身動きが取れません。

鬼教官の存在が辛い

昨今では、いわゆる鬼教官が存在する教習所は少なくなっているようですが、それでもまだ厳しい教官もいることでしょう。そして、そうした教官によってメンタルを傷付けられてしまった生徒もいるようです。厳しい言葉で指導をされたり、何度も同じ失敗をすることで、軽くキレ気味に言われてしまったりなど、精神的にくるものがあったという感想を持つ人も。

教官の役目は、生徒にしっかりと技術を身につけさせることですので、時には厳しい口調になってしまうこともあるのは仕方ない面もあります。とはいえ、言われた方は落ち込んでしまうこともあるものですし、すっかり運転の練習が嫌になってしまったという声も見受けられるのです。

なかなか予約が取れない

学科や技能以外の面でも、メンタルにくる要素があります。それは、予約がスムーズに取れない場合があること。運転免許を取るタイミングが繁忙期の場合ですと、生徒がどうしても多くなってしまいます。すると予約が埋まりやすくなってしまいますので、思うように教習を受けることができないのです。

早く取得をしたい人からすると困った状況ですが、容赦なく予約は埋まり卒業がずるずると延びてしまいます。そんな時にはキャンセル待ちをするなどして何とか席を確保するものの、じりじりとしか進まない教習でどんどん嫌になってしまうこともあるものです。

途中でだるくなってしまう

どうしても運転免許が必要という人ならば、四の五の言わず取得を目指す必要もありますが、一方ではそうではない人もいるはずです。親に言われたから、周りの友達が教習所に行くからなどで、何となく取ろうとすることもあるでしょう。

気乗りしない中での教習所通いですと、面倒になってしまうこともありますよね。学生の場合でも、卒業までに早くて2ヶ月ほどの時間が掛かりますので大変です。しかも夏休みなどの期間を利用することも多く、せっかくの休みを費やすことになってしまいます。

その上、予約が上手く取れずで、次第に面倒に感じる人が結構いるのです。

参照⇒全国のおすすめ教習所情報が満載!|合宿免許ハンターで激安・格安プランを検索、予約!