教習所のお得な学割のすすめ

自動車学校選びで失敗した私がその教訓を生かし、これから自動車学校での教習を考えている学生の方に、ぜひ学割のある自動車学校を選ぶことをお勧めします。まずは私がなぜ自動車学校選びを失敗したかをしっかりお話します。

自動車学校なんてどこも同じだと思っている人必見です。間違っても通いやすさだけで選んではいけません。

自動車学校での失敗

私は大学一年生の夏に自動車免許を取ることにしました。当時は、どこでもいいと思っていたので、通学の途中にある駅近くの小綺麗な自動車学校を選びました。しかし、それが失敗だったのです。それをご説明いたします。

学割がない

入校手続きで私は一番スタンダードなプランを選びました。学割は高校生しか対象ではなく、他のオプションも予約の融通が利くというものだけだったからです。しかし、違う学校に通う友達が学割で入っていてその友達は授業に延長がついてもそれが無料だったのに対し、私のプランでは延長一時間につき一万円と、最終的にとても高くなりました。

自動車学校でみるべきポイント

私は失敗してしまいましたが、自動車免許取得を検討中の学生のかたは、自動車免許を選ぶにあたり、学割がついているかきちんと確認してほしいです。運転に自信がある方はいいのですが、不安な方は学割がついて延長無料でなければ損をすると思います。

生協でさらに

また、多くの大学には大学生協があり、そこで自動車学校の申し込みができます。普通に申し込むより安いです。選ぶうえで相談に乗って欲しい方も、ぜひ一度大学生であれば確認してみることをおすすめします。大抵の場合、丁寧に対応してくれます。

大学生以外の学生

高校生向けの学割を用意している学校を選びましょう。大抵は、大学生向けのプランよりも優遇されています。自動車学校のサイトや口コミを参考にするといいと思います。あらかじめ評判を調べることもとても大切です。

他に注目すべきこと

他に選ぶポイントは、送迎の有無でしょう。遠い教習所でも送迎があればとても安心です。大学まで迎えにきてくれるというところもあるので、事前に聞いてみるのがいいでしょう。送迎には事前の予約が必要な場合もあります。

授業料は安くないからこそ選び方は大切

感じ方には個人差があります。延長がつかない方は学割が逆に損であったり、専門学校の方などは大学生協がなかったり、学生は学生でも事情はそれぞれです。実技と筆記の得意さによっても違います。筆記に自信がない方は自動車学校に筆記の練習ができる充実した施設も必要でしょう。

自動車学校の授業料は決して安いものではありません。私の場合、人生でもらったお年玉貯金を全部はたいて取得したものです。親が出してくれるにしても、そのことは忘れないようにしましょう。

北海道の学生に

私が北海道出身であるため、北海道の自動車学校ランキングを書いておきます。ご参考にまでにご覧ください。また、このランキングは2016年度の調査であり、その料金から考えられたものであることをご了承ください。

1~5位

一位:空知自動車学校

学生料金あり

ローン・クレジット可

無料送迎バスあり

インターネット使い放題

二位:杜の美江別自動車学校

学生料金あり

広いコース

無料送迎バスあり

三位:大麻ドライビングスクール

学生料金あり

無料送迎バスあり

無料託児所あり

四位:中頓別町立自動車学校

ローン可

無料送迎バスあり

近辺にスキー場あり

五位:はぎの自動車学校

定額料金コースあり

無料送迎バスあり

カラオケあり

不安あるある

私も通っている間、不安に思っていたことがたくさんありました。超がつくほどの運動オンチですし、覚えもとっても悪いほうです。何回やっても感覚がつかめなかったり、忙しくて日にちが空いてしまったり、担当の先生に言われたことのないことを違う先生に言われたりなど、混乱することも多くありました。

それでもあきらめないで欲しいと思います。せっかく通うと決めたのですからもったいないです。不安があっても大丈夫です。今はできなくても繰り返し言われればいやでも覚えられます。特に同じ自動車学校に通っている友人などが一人もいない方は不安に思うこともあるでしょう。

また、いたとしても逆に友人が優秀すぎて落ち込むこともあるかもしれません。しかし免許を取ってしまえば同じです。大抵の人がとっている免許なのに、思うようにできないと自分がダメなように感じられますがそんなこともありません。

実践がまだ足りないだけです。個人的には早く自動運転技術が進めば免許なんてと思いつつ通っていた思い出があります。今日も怒られるのかな、なんて考えながら歩く足はとても重かったです。しかし、ずっと笑顔で接してくれる先生も中にはいます。

悩んでいることはないかと聞いてくれた先生もいました。こんなこともできないなんて、と思っていることが伝わってくるような先生だけとしか出会ってないなら、カウンターで相談するのも手だと思います。怒られるのが嫌だなんてゆとりだと思われるかもしれませんが、気持ちよく免許を取りたいだけなのでいいのです。

そのための高い授業料と思えば当然の権利と思えるはずです。また、一人で不安な方はさりげなく他の一人の子に話し掛けてみてもいいと思います。大抵の場合、お互い自動車学校と言う共通の話題があるので打ち解けられると思います。

年頃が近そうな人を選びましょう。

免許を取るメリット

交通機関が充実している場所では特に自動車免許に必要性を感じないかもしれませんが、そこには大きなメリットがあると思います。まず、免許証は、身分証明書としてとても便利です。また、就活にもつながる場合が意外にも多いです。

就活の幅を広げたいという方には、自動車免許を取ることを強くお勧めします。また、社会人になると忙しくなり、自動車学校に通うのも困難な場合が多いので、後悔しないためにも学生のうちに取ることをおすすめします。

学科講習に加えて実技教習となると、多くの時間が実は必要となってくるのです。学生のうちであってもバイトにサークルと忙しい学生は厳しいのが現状だと思います。時間は上手に使いましょう。

免許を取るデメリット

メリットも多くありますが、最大のデメリットはやはりお金でしょう。割引を上手く使うことが重要になってきます。30万円ほどが一気になくなるので、タイミングも難しいですが、お金に余裕をもって免許取得にはのぞんでください。

私は学生の身でたくさん追加料金も取られ、バイト代が吹き飛ぶというすごく苦い思い出があります。